マインドマップの書き方をマインドマップインストラクターが紹介します。

ども、下地です。

マインドマップは、かなり有名な思考ツールです。世界中で多くの人が実践していますし、マインドマップに関する書籍も多数出版されております。多くの人に愛されているマインドマップですが、独学で書こうとするとなかなか難しい。

どうにか頑張ってマインドマップを書いても、

「この書き方でいいのかなぁ」
「本で見たのと違う気がする」

とマインドマップの書き方に悩んでしまう人もいるでしょう。

悩みや問題を解決するのがマインドマップのはずですが、マインドマップを書いて悩んでしまうという本末転倒な人も少なくありません。

マインドマップの書き方で悩む本質的な問題は、マインドマップの書き方のルールを知らないことです。そこで今回は、公認マインドマップインストラクターが、今日からできる『マインドマップの書き方 8つのルール』を紹介していきます。

マインドマップの書き方 ルール1「無地の用紙」

マインドマップを書くには無地の用紙でサイズはA4サイズ以上、白色の紙を使いましょう。

マインドマップを書くには、無地の用紙が必要です。無地の用紙はサイズがA4以上で、色は白色が望ましいです。

なぜ、用紙は無地のA4サイズ以上で、白色がいいのか?

それは罫線や予め升目(方眼紙)などがある用紙ですと思考がジャマされ、自由に考えることができないからです。

例えば、罫線があるノートに何かを書こうとすると「罫線に沿って文字を載せようかな」という風に脳が勝手に思い込み、他の思考のジャマしてしまいます。これでは、思考の自由度が奪われ、マインドマップで発想を広げることができない。

ですので、マインドマップを書く際には無地の用紙を用いるようにしましょう。そして、紙のサイズはA4以上で、白色の紙に書くようにしましょう。

マインドマップに向いているノート

無地の用紙は横向きに使う

実際にマインドマップを書く時は、無地の用紙を横向きにおきます。理由はいくつかあるのですが、代表的な理由としては、マインドマップが中心から放射状(後述)に広げて書くことが基本だからです。

マインドマップの書き方をマインドマップインストラクターが紹介します。

また、人の視界が横長であるというのも大きな理由です。例えば、映画館のスクリーンは横長ですよね。これは横長の方が集中しやすいし、且つ、見やすというわけです。それと同じこと。

他の理由としては、マインドマップがイギリスで生まれた思考ツールなので、英語表記が横文字だったためと言われています。とはいえ、個人的には紙を横に置いてマインドマップを書く方が、思考の広がりを感じるので、脳が自然に働く紙の置き方だと思いますね。

というわけで、マインドマップを書く時は、紙を横向きにして使いましょう。

マインドマップの書き方 ルール2「色を使う」

マインドマップでは色を多用します。理由は右脳を活性化するためです。色は、右脳に司っている機能です。なので、カラフルな色を見ると右脳が刺激され、活性化し、脳がフル回転することがきるのです。

もともと脳は、カラフルな色を好む性質があります。例えば、街を歩いていても目に飛び込んでくるものはモノクロではなく、カラフルなものが多いですよね。それと同じです。

マインドマップで色を使うには、普通に色ペンや色鉛筆を使用します。色ペンの種類には決まりがありませんので、ご自分の好きな文具でマインドマップを書くといいでしょう。

マインドマップ インストラクターも絶賛!!書いたらクセになる色ペン

マインドマップの色分けは道しるべになる

また、マインドマップの色はカテゴリ毎に分けることができます。そのため、情報整理に役立ち、欲しい情報にすぐにたどり着くことができる道標なのです。

それはまるで駅に掲げている線路図のようです。線路図も色分けしているので、見れば目的地まで、すぐにわかりますよね。

駅の線路図も色分けしているので目的地にすぐにたどり着いいます。
引用:西武鉄道(https://www.seiburailway.jp/railway/)

マインドマップも同じです。

色を使ってカテゴリごとに分けたり、情報毎で分けたりなど、色分けには種類がありますが、いずれも色分けは情報整理をするのに役立ちます。

というわけで、マインドマップを書く際には色を多用していきましょう。

SPONSORED LINK

マインドマップの書き方 ルール3「イメージ」

マインドマップを書く際はイメージ(絵)を多用します。「イメージは1000語の言葉をもつ」と言われるように、1つのイメージには多数の意味が込められています。

また、イメージは、脳が瞬時に情報を受け取るとことができるいう性質があり、記憶力の向上にも役立ちます。

例えば、私たちの脳は文字で記憶することがほとんどありませんよね。昨日の出来事も1年前の楽しかった思い出もすべてイメージで記憶されています。イメージは記憶しやすいという何よりの証拠なのです。

マインドマップにイメージを多用することは、1つのイメージに多数の情報を盛り込むだけじゃなく、記憶力アップにもなるということ。マインドマップを書くときにイメージを多用すると便利なのです。

マインドマップの中心(セントラルイメージ)にイメージを書く

マインドマップを書く際は紙の中心から書き始めます。そして、放射状に枝を広げ(後述)、マインドマップを完成させます。

この中心に書くのもイメージが適しています。というのは、中心を言葉で書いてしまうと思考の広がりが乏しくなるからです。一方、中心にイメージを書くと、脳の連想がはじまり、発想を促してくれます。その為、マインドマップを書く最初のステップとしては中心にイメージを書くことを推奨しています。

マインドマップの中心にはセントラルイメージを書きます。
トニーブザンのマインドマップ

なお、この中心に書くイメージのことをマインドマップでは「セントラルイメージ」と呼んでいます。セントラルイメージは、なるべく綺麗に書き、たくさんの色を使ってカラフルに書くといいでしょう。

マインドマップの書き方 ルール4「枝を書く」

紙の中心にセントラルイメージを書いたら、中心から1本の枝を伸ばしていきます。この枝のことをマインドマップでは「ブランチ」と呼びます。

ブランチはマインドマップの大きな特徴です。このブランチは注意を引く下線の意味もあれば、中心と繋がっているという意味もあります。その為、全てのブランチは途切れることなく繋げて書く必要があります。

ブランチの書き方

ブランチを書く際には、曲線で書くようにしましょう。というのは、マインドマップでは全体的に美しく、絵画のように仕上げなければいけないからです。その為、ブランチを直線で書くよりは曲線の方が美しく、綺麗に見えます。

マインドマップのブランチは曲線を描いて書くようにしましょう。

また、ブランチは関連づけたものを書くといいです。とはいえ、そんなに堅苦しいものではありません。どちらかといえば、脳が連想する様をそのまま表現するだけでいいです。

例えば、「リンゴ」についてのブランチはであれば、脳が「赤い」や「果物」というような連想を行ったのなら、そのままブランチに書いていくという具合です。ブランチの関連づけは、そのくらいファジーな感じで結構です。

ブランチは紙全体に広げて書く

マインドマップのブランチは紙の四隅いっぱいに広げて書いていきましょう。

公認マインドマップインストラクターが書いたマインドマップです。

もしも、連想や思考が止まったのなら、まずはブランチを伸ばしてみるといいです。なぜなら、ブランチを伸ばすことでアイディアが出ることがありますし、脳がブランチの上に何かを書こうと思考し始めますから。

つまりブランチは1つの質問であり、発想を促すテクニックでもあります。マインドマップを書くときは、このブランチはとても重要ですので、自由(ハンドフリー)に、そしてリラックスして書くようにしましょう。

マインドマップの書き方 ルール5「放射状に書く」

通常、ノートに何かを書く時は、横書きなら左上から(アラブ語は逆)、縦書きなら右上から書くでしょう。しかし、マインドマップは違います。

これまでの説明にもあった通り、マインドマップは中心から書き始め、そして、ブランチを書きながら放射状に広げていきます。

マインドマップは放射状に広げて書いていきます。

マインドマップが放射状に書く理由は、様々な方向に伸ばせるので自由な発想ができるということです。さらに、多角化の視点は紙をめいいっぱいに使うことができます。

また、一見すると中心から放射状に広がる様は、絵画のような印象があるので美しく、記憶にも残りやすいです。マインドマップを書くときは、放射状に書くようにしましょう。

マインドマップの書き方 ルール6「単語を使う」

マインドマップに書く言葉は、主に単語を書きます。理由は、文章だと意味が固定化されてしまうからです。

例えば、ブランチに「今日はいい天気です」という風に書くと、この文章に引っ張られて思考や発想が自由にできません。

マインドマップのブランチに文章を書くと思考や発想が自由にできません。

 

一方、「今日」「いい」「天気」で区切って単語にするとそれぞれの単語から連想ができます。

マインドマップのブランチには単語を書いていきます。

つまり、「今日」という単語から、「予定」とか「レシピ」というように、今日の予定や今日の夕飯のレシピなど、いろいろと発想ができるわけです。このように文章と単語とでは、思考や発想に大きな違いがあります。

また、単語で書くということは、書くスピードにも影響があります。圧倒的に単語の方がスピーディーに書けますよね。さらに、文章よりも単語の方が覚えやすいです。

というわけで、いろんな意味で単語にはメリットがあるわけです。

単語とイメージの割合

マインドマップのブランチに単語を書くと説明しましたが、一方、イメージでも書くこともマインドマップの書き方です。では、単語とイメージの割合はどのくらいの比率がいいのでしょうか。

これについては正確なルールはありませんが、個人的な感覚では単語とイメージの割合は、半々くらいがいいと思っています。

というのは、単語だけだと殺風景なマインドマップになるので記憶されることが難しいです。一方、イメージだけのマインドマップだとあとで読み換える時に意味不明のマインドマップになるかもしれません。ですので、単語とイメージはバランス良く半々くらいにするといいでしょう。

半々にする理由は、単語がイメージを補い、イメージが単語を補ってくれるからです。それぞれが記憶の定着や情報の整理に役立ちますので、バランスよく書いていきましょう。

マインドマップの書き方 ルール7「構造化」

マインドマップは自由に書くノート術ですが、「構造化」を意識して書けば、論理的思考や俯瞰思考などが可能になる思考ツールです。

とはいえ、構造化だけを意識するのはナンセンス。マインドマップの「マインド」は、脳で浮かんだものをそのまま書き出すという意味が込められていますので、構造化ばかりを気にして自由な発想ができないのは良くありません。

構造化にもとらわれることなく、程よいバランスで意識していきましょう。

マインドマップの書き方 ルール8「楽しむ」

マインドマップを書くときは基本的に楽しんで書きましょう。

マインドマップは思考を深めたり、広げたり、多角化に思考できるツールです。これは情報整理やアイディア創出に最強ですが、取り扱いには少し注意が必要です。

というのは、マインドマップを書く心情は基本、ポジティブなことを書くようにしましょう。なぜなら、ネガティブなことをマインドマップに書いてしまうと、そのネガティブな情報をどんどん深めてしまい、暗い気持ちになるかもしれないからです。

これではいけません。

マインドマップは暗い気持ちになるための思考ツールではありません。ですので、マインドマップを書く時は基本、楽しみながら書いていきましょう。

実際にマインドマップを書いて見る

では、ここからマインドマップのルールに沿って、実際に書いていきましょう。

1,紙の中心にテーマ(主題)を書く

マインドマップの書き始めは中心(セントラルイメージ)から書きます。中心に書く際は、カラフルにするのがルールですが、今回は便宜上、言葉にしています。実際に書くときは、イメージ(絵)を書くようにしてください。

例題としてテーマを「リンゴ」にしてみました。なので、中心には「リンゴ」と書いていきます。

マインドマップの書き方ステップ1です。まず中心にテーマを書きます。

2,中心からブランチ(枝)を1本伸ばす

中心を書いたら、次にすることは中心からブランチ(枝)を1本伸ばしていきます。ブランチは木の枝のように太くから細くなるように描いていき、色も塗ります。

ブランチの色は何でもいいのですが、基本、好きな色か、見えやすくて明るい色がお勧めです。なお、僕はブランチの色を選ぶときは直観で選ぶようにしています。

マインドマップの書き方ステップ2は中心からブランチを伸ばしていきます。

3,ブランチの上に単語を書く

ブランチを描いたら、ブランチの上に単語を書きます。書く文字は、中心と関連するものを書いていきます。今回は「リンゴ」に関連して「産地」をブランチの上に書きました。

マインドマップの書き方ステップ3はブランチの上に単語を書きます。

4,さらにブランチを複数伸ばし単語を書く

中心からブランチを1本の伸ばし、それに単語を書いたら、さらにその先もブランチを複数伸ばしていきます。伸ばす複数のブランチは大抵、1つのブランチに対し3本〜5本くらいがバランスが良いです。とはいえ、ブランチの数にとらわれないこと。もしも、もっとブランチを伸ばしたいなら自由に書いていきましょう。ブランチを伸ばしたら、さらに単語をのせていきます。

マインドマップの書き方ステップ4はさらにブランチを伸ばして単語を追加していきます。

5,紙いっぱいにブランチを広げて完成させる

1つのブランチを書き、その先のブランチも書いたら、さらに放射状にブランチを伸ばしていきます。放射状に伸ばすときは、紙全体をつかってマインドマップを書いていきましょう。

マインドマップは中心から放射状に広げて書いていくノート術なので、紙いっぱいに広げて完成させます。

マインドマップの書き方ステップ5は紙いっぱいにブランチを広げてマインドマップを書いていきます。

以上でマインドマップの完成です。

マインドマップの書く手順はとてもシンプルですが、1枚の紙に書くマインドマップの情報量はかなり多いです。慣れてくれば、あらゆる視点で物事を考えることができますし、語彙も増え、さらに俯瞰思考もできるようになるので便利です。

マインドマップの事例

これまでマインドマップの書き方を紹介してきましたが、実物のマインドマップを紹介しようと思います。

以下のマインドマップは、僕が書いたマインドマップです。

公認マインドマップインストラクターが書いたマインドマップです。

このマインドマップは、かなり大きな紙で書いているマインドマップです。一緒に写っているipadと比較しても、その大きさがわかると思います。

はじめは、こんな風にマインドマップを書けないかも知れませんが、何となく雰囲気は伝わっているのではないでしょうか。

マインドマップは脳の赴くままにというか、心の赴くままに、いま見えているもの、思い浮かんだことを単語やイメージ(絵)として書いていきます。それが発想を促す要因になりますし、頭の訓練にもなります。

マインドマップは思考を旅するツールですから、自由に楽しく書くことが大事です。

まとめ

長い文章になったので、まとめたいと思います。

マインドマップの書き方のルールには以下の8つがあります。

  1. 無地の用紙を使う
  2. 色を使う
  3. イメージ
  4. 枝を書く放射状に書く
  5. 単語を使う
  6. 構造化
  7. 楽しむ

このルールを守ってマインドマップを書いていきましょう。

マインドマップの書き方は、それほど難しいのではありませんので、ぜひ、チャレンジしてみてください。ここの記事に書いてあるコンテンツだけでも、簡単にマインドマップが書けるとおもいます。

これで、あなたがマインドマップを好きになってくれたら幸いです。

SPONSORED LINK